JR西日本プロパティーズが贈る分譲マンション ディアスタ鷺沼

ディアスタ鷺沼

  • 現地案内図
  • 物件概要
  • 資料請求
  • 来場予約

再開発 再開発

「田園都市構想」に基づいた職住近接の街づくり。民間企業主体の開発として日本最大級の街づくり―「多摩田園都市開発」。スーパーやレストラン、カフェなど豊富な店舗が入った大型ショッピングセンター「フレルさぎ沼」(約590m/徒歩8分)をはじめ、銀行や医療機関、飲食店や交番など、暮らしに便利な都市機能が集積した鷺沼駅前エリア。街が快適な暮らしをサポートします。 「田園都市構想」に基づいた職住近接の街づくり。民間企業主体の開発として日本最大級の街づくり―「多摩田園都市開発」。スーパーやレストラン、カフェなど豊富な店舗が入った大型ショッピングセンター「フレルさぎ沼」(約590m/徒歩8分)をはじめ、銀行や医療機関、飲食店や交番など、暮らしに便利な都市機能が集積した鷺沼駅前エリア。街が快適な暮らしをサポートします。

田園都市構想とは●海抜が高く空気がきれいで良好な地盤と樹木多きこと。●1時間以内に都会の中心地に到達可能な交通機関を有すること。●面積が10万坪(東京ドーム7個分)以上を有すること。●ライフライン(ガス、電気、水道等)と病院、学校等の設備完整させること。 田園都市構想とは●海抜が高く空気がきれいで良好な地盤と樹木多きこと。●1時間以内に都会の中心地に到達可能な交通機関を有すること。●面積が10万坪(東京ドーム7個分)以上を有すること。●ライフライン(ガス、電気、水道等)と病院、学校等の設備完整させること。

近代都市計画の祖と呼ばれるイギリスの社会改良家エベネザー・ハワード氏エベネザー・ハワード氏は近代都市計画の祖と呼ばれるイギリスの社会改良家です。田園都市論において自然との共生、都市の自律性を提示し、その後の近代都市計画に多くの影響を与えることとなりました。 近代都市計画の祖と呼ばれるイギリスの社会改良家エベネザー・ハワード氏エベネザー・ハワード氏は近代都市計画の祖と呼ばれるイギリスの社会改良家です。田園都市論において自然との共生、都市の自律性を提示し、その後の近代都市計画に多くの影響を与えることとなりました。

レッチワースの街並み レッチワースの街並み

ハワードの田園都市構想の条件を目指す土地として、田園(豊かな自然環境)と都市(機能的な住居環境)の長所を持ち合わせ、都心へも1時間以内のこの地が選ばれました。 ハワードの田園都市構想の条件を目指す土地として、田園(豊かな自然環境)と都市(機能的な住居環境)の長所を持ち合わせ、都心へも1時間以内のこの地が選ばれました。

ICON拡大してご覧いただけます。

<田園都市構想エリア概念図> ●急行停車駅 ●快速停車駅田園都市エリア <田園都市構想エリア概念図> ●急行停車駅 ●快速停車駅田園都市エリア

「田園都市構想」の体現を牽引する急行停車駅「鷺沼」。都市に近く、早くから整備が進められてきた「鷺沼」の成熟と更なる進化。多摩田園都市開発は4つのブロックに分けられ、土地区画整理事業が進められてきました。その中でも、鷺沼は最も渋谷に近い第1ブロックに位置しており、早くから住宅地として整えられ、また、その過程の中で、理想の都市開発として構想された“田園都市”を目指し、文化・教育・商業・自然をバランスよく取り入れ、成熟した街として発展してきました。さらに2019年には駅前にて区役所・市民館・図書館などの再開発方針が発表※1され、今後ますますの発展していく未来図が描かれています。 「田園都市構想」の体現を牽引する急行停車駅「鷺沼」。都市に近く、早くから整備が進められてきた「鷺沼」の成熟と更なる進化。多摩田園都市開発は4つのブロックに分けられ、土地区画整理事業が進められてきました。その中でも、鷺沼は最も渋谷に近い第1ブロックに位置しており、早くから住宅地として整えられ、また、その過程の中で、理想の都市開発として構想された“田園都市”を目指し、文化・教育・商業・自然をバランスよく取り入れ、成熟した街として発展してきました。さらに2019年には駅前にて区役所・市民館・図書館などの再開発方針が発表※1され、今後ますますの発展していく未来図が描かれています。

「鷺沼」駅前再開発(予定)で期待される利便性の向上。 「鷺沼」駅前再開発(予定)で期待される利便性の向上。

多世代の多彩なライフスタイルに対応する機能集積

交通広場の拡充

バス路線の充実

鷺沼駅再開発

COPYRIGHT © JR West Properties Co., Ltd. All Rights Reserved.